天賞堂 T-Evolution モニター 第8回 全軸集電編

■創業140周年。鉄道模型への参入から70周年を迎えた鉄道模型の老舗、天賞道
201911231000.JPG

16番ゲージを廉価に、若い人にも楽しんで貰いたいという趣旨で、T-Evolutionシリーズが2019年12月18日に始まります。プラスティック製ディスプレイモデルですが走行化パーツキットが用意され、市販品を用いたカスタマイズも可能です。第1弾は事業用車クモヤ145形 (全5種) です。天賞堂 T-Evolutionシリーズ 特設サイト https://models-store.tenshodo.co.jp/T-Evo/

■ラインナップ
http://www.tenshodo.co.jp/models/product/tevo/01_kumoya145/tabid/1141/Default.aspx
品番65001 クモヤ145形 100番代 国鉄タイプ(Hゴム灰色) 3,800円+税
品番65002 クモヤ145形 100番代 JR東日本タイプ(Hゴム黒) 3,800円+税
品番65003 クモヤ145形 1100番代(足回り灰色) 3,800円+税
品番65004 クモヤ145形 200番代(Hゴム灰色 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番65005 クモヤ145形 1200番代(Hゴム黒 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番69001 T-Ev用走行化パーツキット(φ10.5PL車輪) 1,200円+税
品番05002 コアレスパワートラック 26P(φ10.5PL車輪) 2,800円+税 ※2019年12月26日

■クモヤ145形
201911291755.JPG

車両基地や工場へ入出場する車輌を牽引する直流牽引車です。100番代、200番代は救援車輌としても使えるよう、機材の積載スペースが設けられています。また200番代は交直流電車の制御車としても使用が出来るよう、屋上に検電アンテナを装備しています。JR西日本では主電動機をMT46AからMT54系に交換を行い、車輌番号は原番号+1000となっています。

■モニター (応募は2019年8月末で終了)
201911231001.JPG

私のほかに99人の方がモニターに当選しています。SNSなどに1人につき最低3回以上の投稿がなされる筈なので、検索してみてくださいね。

第1回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457411.html
第2回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457418.html
第3回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471458490.html
第4回  http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814289.html
第5回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814797.html
第6回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471721046.html
第7回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471854632.html

201912051425.JPG

死重を積んでも絶縁区間27mmの手動6番分岐器の通過が難しいです。一瞬速度が低下したり、速度ツマミが2分目以下では停止してしまいます。コアレスパワートラックを2台化する予定でしたが、まだ発売日前です。全軸集電を試みます。まず死重を減らします。台枠真ん中に6枚を重ねた死重 (1枚13g前後) は3枚に。台車付近の死重は片側10gから5gに。

201912051457.JPG

余剰のKATOのフィーダー線を切断します。確実に12Vまで通電します。

201912051506.JPG

ボルスタの一部が溶けた酷い有様ですが、トレーラー台車の集電板に半田付け。ボルスタは撮影後にヤスリで楕円に近づけました。そうでないと台枠にはめ込みが出来ませんでした。

201912051514.JPG

台枠にフィーダー線を通します。

201912051515.JPG

台車の横動に引っ掛かりがないことを確認してからネジを締めます。今回は取り扱い説明書の指示通り、最後まで締め付けてから、ほんの少し緩めます。

201912051541.JPG

台枠の穴を溶かしながらもコアレスパワートラックに結線。1/12スケールのラジコンカーに比べて、1/80スケールの半田付けは難しかったです。別売りで構わないので、第2弾は台枠を覆う集電板と、台車側の集電板にスプリングが欲しいです。普段から車輌を自作されている人たちの側からみれば、情けないお話 (自分の工作) ですね。

201912051543.JPG

種別シールを貼りました。列車番号表示機のシールは同梱されていません。市販品の入手のメドが立たないので、樹脂のまま未塗装の屋根上部品は灰色に塗りました。信号雷管、避雷器、ヒューズボックス、ベンチレーター。まだ乾いていないので、一部は再装備していません。

201912051601.JPG

絶縁区間23mmの電動6番分岐通過。鉄道模型の車輌と同じく、一定速で通過してくれるようになりました。

201912051602.JPG

絶縁区間27mmの手動6番分岐通過。流石に速度ツマミが1分目では停止しますが、2分目なら問題なく通過します。片側集電の時のように、勢いで突破させることは不要になりました。

20191205ec145-100.JPG

第9回は投稿が遅れそうです。出遅れましてPS16形パンタグラフとTNカプラー、共に入手のメドが立っておりません。モニターキャンペーンの当選は私を除いて99名、12月には某社から201系直流通勤形電車のディスプレイモデルが発売されます。完全に失念していました。汎用品が売り切れするのは当然です。走らせてこそ鉄道模型 (私個人の思いでして押し付けではありません) 。