天賞堂 T-Evolution モニター 第7回 PWN制御機器編

■創業140周年。鉄道模型への参入から70周年を迎えた鉄道模型の老舗、天賞道
201911231000.JPG

16番ゲージを廉価に、若い人にも楽しんで貰いたいという趣旨で、T-Evolutionシリーズが2019年12月18日に始まります。プラスティック製ディスプレイモデルですが走行化パーツキットが用意され、市販品を用いたカスタマイズも可能です。第1弾は事業用車クモヤ145形 (全5種) です。天賞堂 T-Evolutionシリーズ 特設サイト https://models-store.tenshodo.co.jp/T-Evo/

■ラインナップ
http://www.tenshodo.co.jp/models/product/tevo/01_kumoya145/tabid/1141/Default.aspx
品番65001 クモヤ145形 100番代 国鉄タイプ(Hゴム灰色) 3,800円+税
品番65002 クモヤ145形 100番代 JR東日本タイプ(Hゴム黒) 3,800円+税
品番65003 クモヤ145形 1100番代(足回り灰色) 3,800円+税
品番65004 クモヤ145形 200番代(Hゴム灰色 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番65005 クモヤ145形 1200番代(Hゴム黒 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番69001 T-Ev用走行化パーツキット(φ10.5PL車輪) 1,200円+税
品番05002 コアレスパワートラック 26P(φ10.5PL車輪) 2,800円+税 ※2019年12月26日

■クモヤ145形
201911291755.JPG

車両基地や工場へ入出場する車輌を牽引する直流牽引車です。100番代、200番代は救援車輌としても使えるよう、機材の積載スペースが設けられています。また200番代は交直流電車の制御車としても使用が出来るよう、屋上に検電アンテナを装備しています。JR西日本では主電動機をMT46AからMT54系に交換を行い、車輌番号は原番号+1000となっています。

■モニター (応募は2019年8月末で終了)
201911231001.JPG

私のほかに99人の方がモニターに当選しています。SNSなどに1人につき最低3回以上の投稿がなされる筈なので、検索してみてくださいね。

第1回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457411.html
第2回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457418.html
第3回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471458490.html
第4回  http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814289.html
第5回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814797.html
第6回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471721046.html

201911291726.JPG

死重を35g追加しました。

201911291727.JPG

念のため、集電板と死重の間にマスキングテープを貼りました。

201911291217.JPG

速度ツマミの2分目で連続する分岐器を通過が出来るか。第6回では停止してしまいました。

201911291734.JPG

絶縁区間通過時に速度が下がるものの、なんとか通過してくれました。やはりトレーラー側の台車からも集電しないと、27mmの絶縁区間を一定速での通過が無理ですね。分岐器のないエンドレス、あっても連続する分岐器がないのであれば大きな問題にならないと考えます。

201911291756.JPG

周回走行中。なんだか重苦しそうな走りに感じます。コアレスパワートラックが唸り始めました。台枠の中央部の死重は15g減らしました。取り扱い説明書にも、過度な死重追加は故障の原因 (要約) と記載があります。

201911291800.JPG

低速域の制御が安定するといわれるパルス系の制御機を試します。過去に保有していた、天賞堂 C11形蒸気機関車227号機大井川鐵道タイプでは動いたものの、速度制御が出来ませんでした。227号機に関しては取り扱い説明書に、パルス系の制御機について注意書きがあったと記憶しています。

201911291801.JPG

壊れた無線機の如く騒音を発して、コアレスパワートラックが悲鳴を上げているようです。純粋な直流制御機器に比べて、低速域がうまくコントロールが出来ません。1周もしないうちに突然停止しました。これは壊れる、そう直感してパルス系の制御機器は外しました。

201911291805.JPG

2019年12月5日追記 天賞堂さんから回答が頂けました

パルス系の制御装置とコアレスパワートラックとの相性につきまして、弊社商品開発部署より以下の通り回答を頂きました。

先ず、基本的にはTS-1等の直流制御器でご使用頂くのが好ましいです。ただパルス制御で駄目という事ではなく、例えばトミーテックさんのN-1001-CLや、KATOさんのハイパーDXやKC-1では、そういった不具合は確認されておりません。

しかし制御器のタイプ・周波数帯によってはお客様がおっしゃるような症状を起こす場合は考えられます。記事を拝見させて頂く限り、お使いの制御器はメーカー品ではなさそうですが、おそらく周波数帯がパワートラックのモーターに適さないという事かと思われます。また取扱説明書への記載につきましては、今後改善へ向けて検討させて頂きたく思います。


201912051541.JPG

第8回は全軸集電化です http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/472024283.html