天賞堂 T-Evolution モニター 第5回 単行試運転編

■創業140周年。鉄道模型への参入から70周年を迎えた鉄道模型の老舗、天賞道
201911231000.JPG

16番ゲージを廉価に、若い人にも楽しんで貰いたいという趣旨で、T-Evolutionシリーズが2019年12月18日に始まります。プラスティック製ディスプレイモデルですが走行化パーツキットが用意され、市販品を用いたカスタマイズも可能です。第1弾は事業用車クモヤ145形 (全5種) です。天賞堂 T-Evolutionシリーズ 特設サイト https://models-store.tenshodo.co.jp/T-Evo/

■ラインナップ
http://www.tenshodo.co.jp/models/product/tevo/01_kumoya145/tabid/1141/Default.aspx
品番65001 クモヤ145形 100番代 国鉄タイプ(Hゴム灰色) 3,800円+税
品番65002 クモヤ145形 100番代 JR東日本タイプ(Hゴム黒) 3,800円+税
品番65003 クモヤ145形 1100番代(足回り灰色) 3,800円+税
品番65004 クモヤ145形 200番代(Hゴム灰色 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番65005 クモヤ145形 1200番代(Hゴム黒 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番69001 T-Ev用走行化パーツキット(φ10.5PL車輪) 1,200円+税
品番05002 コアレスパワートラック 26P(φ10.5PL車輪) 2,800円+税 ※2019年12月26日

■クモヤ145形
20191127 (2).JPG

車両基地や工場へ入出場する車輌を牽引する直流牽引車です。100番代、200番代は救援車輌としても使えるよう、機材の積載スペースが設けられています。また200番代は交直流電車の制御車としても使用が出来るよう、屋上に検電アンテナを装備しています。JR西日本では主電動機をMT46AからMT54系に交換を行い、車輌番号は原番号+1000となっています。

■モニター (応募は2019年8月末で終了)
201911231001.JPG

私のほかに99人の方がモニターに当選しています。SNSなどに1人につき最低3回以上の投稿がなされる筈なので、検索してみてくださいね。

第1回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457411.html
第2回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457418.html
第3回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471458490.html
第4回  http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814289.html

201911282146.JPG

駆動音は2Mの天賞堂 103系と同じ位です。台車の中にモーターがあります。車体の中にモーターがある製品と比べますと、遮音は構造的に出来ません。走らせていくうちにラビットスタートはかなり収まりました。同時に駆動音がゴロゴロと釣り掛け電車のような音に変化しました。音だけなら好ましいのですが、コアレスモーターの磁力が弱まったか心配になってきました。

201911282149.JPG

1周約15mのフロアレイアウト。

201911282150.JPG

リレーラー線路、6番分岐器、カント付のR730mm。いずれも止まることもなく、滑らかに通過するようになりました。しかし通過後に車体が横揺れします。駅で満員電車に乗る際のグラグラしたような動きです。まだトレーラー台車とコアレスパワートラック同士の結線はしていませんが、それで改善するとは考えにくいです。

201911282151.JPG

組み立ての精度がわるい?、台車のネジが緩めすぎ?、死重が足らなくて軽すぎ?、片側だけコアレスパワートラックでアンバランスがいけない?、台車の上に死重がないのがいけない?、台枠の真ん中に死重が6枚で重心が高すぎ?。安定して周回するようになりましたがグラグラの原因と解決は、まだ、わかりません。今はプラットホームのあるレンタルレイアウトには持参できません。

201911291216.JPG

第6回も単行の走行試験になります http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471721046.html