天賞堂 T-Evolution モニター 第6回 続・単行試運転編

■創業140周年。鉄道模型への参入から70周年を迎えた鉄道模型の老舗、天賞道
201911231000.JPG

16番ゲージを廉価に、若い人にも楽しんで貰いたいという趣旨で、T-Evolutionシリーズが2019年12月18日に始まります。プラスティック製ディスプレイモデルですが走行化パーツキットが用意され、市販品を用いたカスタマイズも可能です。第1弾は事業用車クモヤ145形 (全5種) です。天賞堂 T-Evolutionシリーズ 特設サイト https://models-store.tenshodo.co.jp/T-Evo/

■ラインナップ
http://www.tenshodo.co.jp/models/product/tevo/01_kumoya145/tabid/1141/Default.aspx
品番65001 クモヤ145形 100番代 国鉄タイプ(Hゴム灰色) 3,800円+税
品番65002 クモヤ145形 100番代 JR東日本タイプ(Hゴム黒) 3,800円+税
品番65003 クモヤ145形 1100番代(足回り灰色) 3,800円+税
品番65004 クモヤ145形 200番代(Hゴム灰色 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番65005 クモヤ145形 1200番代(Hゴム黒 パンタグラフ1基) 3,800円+税
品番69001 T-Ev用走行化パーツキット(φ10.5PL車輪) 1,200円+税
品番05002 コアレスパワートラック 26P(φ10.5PL車輪) 2,800円+税 ※2019年12月26日

■クモヤ145形
201911231032.JPG

車両基地や工場へ入出場する車輌を牽引する直流牽引車です。100番代、200番代は救援車輌としても使えるよう、機材の積載スペースが設けられています。また200番代は交直流電車の制御車としても使用が出来るよう、屋上に検電アンテナを装備しています。JR西日本では主電動機をMT46AからMT54系に交換を行い、車輌番号は原番号+1000となっています。

■モニター (応募は2019年8月末で終了)
201911231001.JPG

私のほかに99人の方がモニターに当選しています。SNSなどに1人につき最低3回以上の投稿がなされる筈なので、検索してみてくださいね。

第1回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457411.html
第2回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471457418.html
第3回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471458490.html
第4回  http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814289.html
第5回 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471814797.html

201911291155.JPG

試しにボルスタのネジを最後まで締め付けました。取り扱い説明書の指示とは異なります。

201911291158.JPG

約450mを走行したので、車輪が汚れています。コアレスパワートラックより、軽量なトレーラー台車側の汚れが酷いですね。これは鉄道模型の貨車などでも同じ現象です。

201911291203.JPG

7分をかけて4車輪を磨きます。液体式のレールクリーナーと100円均一の面貌です。

201911291217.JPG

1発目の試走のようにコアレスパワートラックが過熱しないよう、制御機器の速度ツマミは2分目。1周約15mを78秒周回、10分間の連続走行を行います。

201911291208.JPG

パンタグラフは畳めませんがKATOの架線柱に接触する事はありません。

コアレスパワートラックの連続走行時間は取り扱い説明書には記載がありません。天賞堂さんにメールで問い合わせたところ、「他社製品と同じく20分から30分位です。同程度休ませてください」との事でした。取り扱い説明書への未記載については、商品開発部に伝達してくれるそうです。

201911291216.JPG

ボルスタのネジを最後まで締め込んでも問題がありませんでした。当鉄道の最小曲線半径はR730mm、分岐器はリード半径R867mmの6番です。残念ながらリード半径490mm並びにR550mmの4番分岐器は売却済みです (R600mm以上のT社のEF64形1000番代、M社のキハ52形が通過出来なかった為) 。ほかの人の投稿を拝見したところ、単行ではR370mmを通過出来たそうですよ!

201911291230.JPG

6番分岐器、リレーラー線路、カント付きの曲線の出口付近。やはり横揺れがします。各ボルスタに寄せて車輪をマスキングテープで仮止めしました。クモルになってしまいましたね (苦笑) T-Evolutionの第2弾はクモル145形とクル144形が2020年度中に発売が計画されています。これについては第1弾の売れ行き次第。熱烈にクモヤ145形が好きな人は躊躇せずご予約を!

201911291231.JPG

連続10分間の周回走行。コアレスパワートラックは過熱せず、手で触れても熱く感じません。クモヤ145形100番代を自然冷却で休ませている間に線路清掃を行います。片動力台車の2軸集電でフライホイールはありません。線路の汚れには敏感に反応してギクシャクします。試運転列車としては好適と考えます。

201911291237.JPG

運転席の背面の仕切り壁がありますので、最も効果的な台車の直上には死重は追加が難しいです。しかし横揺れは気にならなくなりました。最初からボルスタ寄りに片側3枚の積み重ねで良かったのかもしれません。2つの車輪なんて極僅かな重さです。こんな適当な積載で解決するとは目から鱗です。

201911291251.JPG

留置線への連続分岐通過を試します。絶縁区間は電動6番が24mm、手動6番が27mm。まだトレーラー台車と動力台車の結線は行っていません。

201911291252.JPG

制御機器の速度ツマミは2分目です。一瞬、動きが鈍くなりましたがいけそうか?。

201911291253.JPG

残念、停止してしまいました。速度ツマミを3分目なら止まりませんが、留置線に進入する速度には見えません。脱線はしませんがスロットカーの如く。全軸集電には半田付けによる作業が必須です。過去に目の衰えを痛感してNゲージを全売却しています。正直なところ自信がありません。

20191129ec145.JPG

第7回は http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/471854632.html 死重の適切な追加とパルス系の制御機器で動くか確認します。今までは純粋な直流制御機器のみで試運転を行っています。