2020年5月 近況

撮影機材が故障 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/473153487.html 文字だけです。

使用開始から9年、フリーズが多発するノートパソコン。Windows10をクリーンインストールしました。いつまで使えることやら。取扱説明書には耐用年数は5年と明記してあります。Twitterの動画音声再生が出来ない、文字変換でしばらく固まる、画像編集ソフトが動かないなど新たな不具合が出ました。こちら https://www.youtube.com/watch?v=y1MqHM7sRQ0 を参考に軽くしました。


カツミ製鉄道模型 1/80 16.5mmゲージ ブラスモデル(真鍮製)ができるまで https://www.youtube.com/watch?v=T2NV-qdWbII&feature=youtu.be 熟練の職人さんによる手作業が多く、走る美術工芸品ですね。テロップが表示されるので音声無しでも楽しめました。


ホキ800形、チキ6000形、クモヤ145形100番代など走れるストラクチャー用に行止式の留置線を2本増やしました。いずれも軽量ですので地震で横転、転動が不安。面倒ですが箱の中に収めました。


1月からずっと113系2000番代を在線させてきました。いつでも運転が楽しめました。流石に車輪が真っ黒に汚れ、動きがギクシャク。最近は震度1から3の地震が頻繁に起きます。屋根の埃を払い、車輪を磨いてから箱の中に戻しました。ちなみに地震による転倒や脱線はありませんでした。


去年の猛暑の影響で片側の装飾帯が伸びてしまった天賞堂 EF58形61号機。最近は涼しくなってきたのか、伸びが縮んできたような。


鉄道模型の部屋にはエアコンがありません。静音モードが備わるサーキュレーターを購入しました。5枚羽扇風機の弱モードより静かで良かったです。


たまにバスコレクション80 小湊鐡道バスを製品化希望でトミーテックにリクエスト (公式サイト内お客様要望欄) しています。房総113系2000番代を製品化したから、バスも出して欲しいものです。全国の熱烈なバスマニアの声に押されているのか、鉄道模型車輌とコラボが出来ない製品が多いような。気のせいでしょうか。


小湊鐡道にキハ40形が2輌 (キハ40-2021、キハ40-2026) やってくるそうで。JR東日本の東北地域本社色(JRマークは消去)のまま活躍するのか、ノルタルジーで旧国鉄 首都圏色 (朱色5号単色) に塗り替え、はたまたキハ200形と同じツートン塗装になるのか。ちょっと楽しみなニュースです。これを機会に小湊鐡道は、PCまくらぎと重軌条になっていくかもしれませんね。


ダメ元でポポプロの東北地域本社色を注文しました。2月下旬注文締め切りですから、ダメかもしれません (公式サイト内で予定数の2倍を受注と記載あり) 。トラムウェイ 非冷房キハ40形500番代の塗り替え品ですから、小湊鐡道に転属した2000番代冷房改造車ではありません。塗装は同じですから雰囲気は楽しめます。


4月は映画のBlu-rayとDVDをよく買いました。特典映像から本編の音声解説まで再生しました。高額なプロジェクタではありませんが、部屋を真っ暗※1 して見る映画はいいものです。5週間ぶりに実家でおこもりしている相方と会いました。外出が好き、参加したいイベントなどが軒並み中止で機嫌が今一つでした。


製造から5年、側面のひび割れが増えた愛車のタイヤを新品交換しました。2019年新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) によるCOVID-19 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html  COVID-19が収束したとしても冬に再流行の恐れがあるかもしれません。初めてオールシーズンタイヤを装着しました。冬場に屋外の店舗駐車場で待機はきついですもの。


COVID-19感染予防 (外出自粛) で鉄道模型店に行く事が出来ない。見る鉄※2 も出来ず、ややテンションが低下しています。新規感染者が減少すれば、6月中旬には行く事が出来るでしょうか?。5月GW期間中の新規感染者が発覚するのが5月20日過ぎ、39県の緊急事態宣言解除後の新規感染者が発覚するのが5月末と推測します。収束か感染拡大※3 か。結果が出るのは6月初旬でしょう。


ホームシアターと鉄道模型 (常設線路保有) があるからCOVID-19疲れにならんと考えていましたが、自由に動けないのはストレス。身体的な持病のある友人には会えません。たまに電話で会話はしていますけど。外出時に緊張感が走るのも一因。6月初旬から明るいニュースがたくさん流れる事を祈ります。


※1 部屋を真っ暗にしないとスクリーンに何も映りません。高額な機種だと4K画質や3D方式にも対応します。
※2 駅のプラットホーム先端や線路沿いの側道から鉄道車輌を眺めること。カメラは持参しないので気楽です。帰宅後に編集に追われることもありません。
※3 爆発的な新規感染者数、医療崩壊を防ぐため再び全国規模の緊急事態宣言

2020年4月 近況

撮影機材が故障 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/473153487.html 文字だけです。



HO-3138 私有 UR19A-12000形コンテナ (日本石油輸送・桜帯・3個入) を予約したので、HO-725 コキ107形1輌増備をしました。俗に、コキスパイラルですね。コンテナ貨車は、空車にする (通称フレームライナー) 、コンテナの積載数を変える・組み合わせを変える、連結輌数を変える、ワムやタキと混結する、牽引機関車を変える。楽しみ方はたくさんあります。



主に車輪磨きに使う液体式レールクリーナーを6本買い足しました。ストックを入れると10本。外出自粛に備えます。



TOMIX、KATOの樹木 (既製品) を14本増やしました。巣ごもり生活ですから、暇つぶしを兼ねて、塀・フェンス・樹木・モデルカーは、ちょこちょこ配置換えしています。



2019年新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) によるCOVID-19 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html  https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_index.html 2020年4月7日より首相から緊急事態宣言が発令されました。千葉県は特定警戒都道府県に指定されています。



予約している14系700番代『サロンエクスプレス東京』用にキャラテックの7両用車両ケースを購入しました。輸送時の衝撃を考慮した純正ケースですと2箱になります。構造上、出し入れが面倒なので運転頻度が減ります (私個人の性格によるものです) 。純正ケースは押入れ行きです。



予約している185系『踊り子』用にKATOの車両ケースを3箱購入しました。車輌は縦向きでエコーモデルの車輌保護ペーパーに包み、1箱に5輌、隙間はプチプチで埋めます。電車3段積み重ねでも箱は潰れません。



KATOのけやきの樹木 (既製品) を16本増やしました。ちょこちょこ、街の中の隙間空間に入れています。



HO-738 JR貨車 コキ104形 (ヤマト運輸コンテナ付) 4輌予約しました。HO-731 ネコロジーに続いて、ヤマト運輸コンテナはコンテナ貨車と抱き合わせ販売です。でも宅急便のコンテナが出るだけでも嬉しいです。

2020年3月 近況

撮影機材が故障 http://jnrjrjrf.seesaa.net/article/473153487.html 文字だけです。

KSモデル特製品の12ft冷蔵コンテナ (札幌通運 UR-1-361) を購入しました。千葉製粉のUT20A-5000タンクコンテナの製作予定もあるようです。楽しみ、楽しみ。


KATOの新製品、1/87スケールの狸セットを引き取ってきました。信楽狸が入っているので、集会場 (建物) の入口に配置します。1/80スケールにならなかったのは謎です。実物の狸は、たまに庭に現れて散歩 (?) しています。KATOは夏以降に柴犬と猫の製品化を予定しているそうです。


内周線の留置線3本は機留線4本に組み替えました。やっと建物、柵、フェンス、樹木が全て配置が出来ました。架線柱はこれからです。今はパンタグラフを折り畳んで、電気機関車と電車を走らせています。


車を持っていない友人がやってきました。乗鉄ではないのですが、移動は電車が多いです。「もっと樹木があるといいのに」。やはり線路際には草木がないと、違和感があるようで (苦笑) 。


トラムウェイのキハ58系 (パノラミックウインドウ) が人気との事 (2020年2月24日予約締切) 。天賞堂 185系特急電車が優先で、泣く泣く我慢をしました。


ピントが狂う標準レンズは修理サポート期限が2年前に終わったそうです。愛車のバッテリーを5年ぶりに交換しました。車載コンピューターとテスター接続で「電圧低下」が記録されていたそうで。

モデルアイコンが提携する中国工場が本活動したので、時折、コンテナの試作品の画像が公開されています。3製品を予約しています。感染が止まらない https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_index.html 2019年新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) によるCOVID-19で渡航制限となり、日数はかかる模様です。


2019年にTOMIXがEF66形を新製品でリリースしましたが、コキ50000形 (国鉄並びにJR貨物) とコキ104形 (JRFロゴマーク付きの旧塗装) の再生産はされず。気長に待っています。TOMIXは基本、機関車と客貨車はセットで売る方針と聞いているのですが、EF66形は例外なのかもしれませんね。


初回生産のTOMIX EF210形100番代。おじぎをして走るようになったので、トラクションタイヤを新品に交換しました。長年稼働しているので、駆動音はやや煩くなりましたね。


天賞堂の185系直流特急形電車第1弾。JR晩年仕様で基本セット×2、増結セット×2、サハ185形で予約をしました。模型としては4М11Тとなります。価格未定ながら目安も発表され、基本セットが7万円+税、増結セットが5万円+税、サハが1.5万円+税。4月19日までに注文数が期待値を超えれば、5,000円前後は定価が下がる見込みもあるようです。