2020年1月 近況

唯一の撮影機材が壊れてしまったので文字だけです。


年明けにノートパソコンをWindows10にアップデートしました。メーカーからはアップデートが推奨されていない機種です。案の定、動かないソフトなど不具合が生じました。ネット閲覧、デジカメ写真の取り込み、ブログ更新は一部を除いて支障がありません。起動時間はWindows7に比べて早くなりましたが、Windows7に戻したい気分。

天賞堂 EF58形61号機。反向き曲線で脱線したので、線路配置を大幅に変更しました。複雑な車軸構成なので、仕方がありません。銀帯が車体が浮いてしまい、修理に出すか、自分でなんとかするか検討中。原因はエアコンがない環境。猛暑で帯が伸びてしまったと推測しています。

トミーテック 113系2000番代横須賀色。4連+4連のメーカー直販で導入しました。イベント会場での発売に比べて価格は割高です。試走時に1Мが不動。モーター音が全くしないので、集電機構の組み立てが怪しい。組み立て直したら、走り始めました。やれやれ。やっぱり試走確認ができない通販は嫌いです。

天賞堂 クモヤ145形100番代 (モニター試供品) 。懇意の販売店でHO-C09を購入して牽引が出来るようになりました。旧型国電用ですが、HO-C01、HO-C06とも問題なく連結が出来ました。片側しかコアレスパワートラックがないので1輌しか牽引ができません。推進運転は不安定。両側パワートラックがいいのでしょうね。

天賞堂 クモヤ145形100番代 (製品版を購入) 。両側トレーラー台車でHO-C09を装備。回送運転は、ほかの車輌に押してもらいます。自走が出来ないので、ほぼ側線のお飾りです。

モデルアイコン タキ5450。タキ5400の誤印刷で黄色帯でマスクしてからタキ5450にする作業が生じました。日頃、インレタから逃げていた私には苦行。マスキングテープで位置決めして、なんとか出来ました。側面の梯子の太さより、車端の手摺がひん曲がっているのが気になります。

タキ5450形装備のモデルアイコンカプラー。カトーのEF65形500番代に引っ掛け連結が出来ず、カトーのナックルカプラーに換装しました。

TOMIX コキ107形増備型。モデルアイコン製のコンテナの新製品発表にあわせるように、増備が続いています。メーカー在庫切れなのですが、店頭ではまだあります。ハイキューブコンテナの隣に載せるため、久々にTOMIX 19Dコンテナを購入。前回生産品は晴れの日の色、2019年生産品は曇りの日の色かな。

Nikon D5100壊れました

元旦からオートフォーカス時に異音が生じ、1月18日にはマニュアルフォーカスに切り替えてもピント合わせが出来なくなってしまいました。撮り鉄、模型鉄、旅行、柴犬、ラジコンと目いっぱい使っていました。寿命ですかね。通話専用の契約のガラケー携帯ですので、ネットにアップロードが出来る撮影機材がなくなってしまいました。

今すぐに新しいデジタル一眼レフは導入が出来ない状況です。第1に天賞堂 185系直流特急形電車の価格が未発表です。2019年に発売された181系が12輌セットで約23万円。15輌編成で仮に3Мとしたら約30万円と見込んでいます。正直なところ、基本の10輌編成でもいいかなぁ、と思うものの15輌のセット販売しかない可能性は捨てきれず。この状況でデジタル一眼レフを割り込ますのは。

第2に機種選定の時間がありません。新しい線路配置は、ほぼ決まりつつありますが、ストラクチャーとモデルカーを配置するのはこれからです。優先すべきはその作業です。デジタル一眼に対する知識は2011年から止まっています。店舗で手で取って試写しないと決められない性格もありますが、何を買えばいいのかわからないありさまです。

困りました。

プラ16番 製品化希望 (2020年下半期)

■各メーカーに感謝

201510191928.JPG


急曲線に強い、廉価なプラスティック。だから2008年に16番に移行が出来たので各メーカーに感謝しています。保管場所に限りがありますから、撮影または乗車した車輌の購入を原則としています。


■プラスティックの16番製品化希望

200512061517e217.JPG


学生時代からお世話になっているJR東日本 E217系直流近郊形電車。旧塗装となってしまいましたが、横須賀色の帯が一番好きです。


200512061517.JPG


JR東日本 253系直流特急形電車 成田エクスプレス。現行のE259系より見た目はかっこいい (私個人の主観です) 。


200511301513ec253.jpg


3・3輌、6・3輌、6・3・3輌、6・6輌と多彩な?編成バリエーションが楽しめます。TOMIXは683系0番代で制御車の貫通ドアを開いた状態を再現してきました。


200610310833.jpg


253系が発売されると255系直流特急形電車に繋がるかな (実車は車体構体が同一) 。


201608141006.JPG


JR東日本 E257系500番代直流特急形電車。私は好きですよ。


200511301429ec1836.JPG


JR東日本 183系0番代直流特急形電車。懐かしの房総特急。2017年3月から新製品が途絶えたマイクロエースのプロジェクト80。残念ながら現在も休止と推測しています。


ec2111768m.JPG


JR東日本 211系0番代・2000番代直流近郊形電車。東海道線 快速アクティー。国鉄最後の近郊形電車 (民営化後も継続製造) 。特急車輌を引き立てる為に普通列車が欲しいわけではなく、昔も今も一番身近な存在なのです。


201608141020.JPG


JR東日本 209系2000番代・2100番代直流通勤形電車。113系直流近郊形電車より加減速が速くなったのでお気に入り。4・4輌、6輌、6・4輌と編成バリエーションも楽しめます。


200908261302.JPG


私有タンク貨車タキ4400形 (日本オイルターミナル) 。ずんぐりむっくりで可愛らしい。コロ軸がくるくる回るKATOに一番期待したいです。


201406241450.JPG


国鉄 ホキ800形ホッパ貨車。 TOMIXが製品化したのですが、2019年の総合カタログで廃盤が告知されてしまいました。JR東日本では3輌単位で運用しているらしいです。手持ちは1輌です。


ec381.JPG


国鉄 381系直流特急形電車。振り子機構を模型化したKATOに期待したいです。貫通制御車、非貫通制御車、モハユニット、サロ。M車を入れても6形式。屋根はパンタグラフを除いて一体成型でいけそうなシンプルさ。KATOはNゲージが忙しいので、多くの形式のある車輌の製品化は敬遠傾向。線路を発売しないTOMIXは261系でも振り子機構は省いて製品化したので、うーん。


ec419.JPG


ec475.JPG


JR西日本 419系食パン電車、413系交直流近郊形電車 新北陸色、475系交直流近郊形電車 新北陸色。福井県に住んでいた頃は、とてもお世話になりました。


※写真準備中

221系直流近郊形電車(未更新車)新快速

JR西日本初の直流近郊形電車。シックな全塗装車体が好きです。


※写真準備中

TOMIX 14系14形特急形寝台車。青箱の頃は16番を始めておりませんでした。手持ちのEF62形、マニ50形、14系座席車を組み合わせて、「能登」の雰囲気でも遊びたいものです。


ef200-12.JPG


JR貨物 EF200形直流電気機関車 (旧塗装) 。実車は現役引退してしまいました。


tc481.JPG


TOMIX 485系交直流特急形電車 初期型 (ボンネット) 。資金難で2012年の発売時に買い漏らしました。痛恨のミスです。 近年、TOMIXは車側表示灯を出荷時から取り付け済みとなっており、再生産ではなく新品番となるでしょうか。



続きを読む